So-net無料ブログ作成

猫ひろしリオオリンピックでビリ争い?インタビューの内容は?[カンボジア代表] [ニュース]

Sponsored Link

nekohirosi.jpg


みなさんは猫ひろしさんがカンボジア代表としてリオオリンピックに出場していたことをご存じでしょうか?

そもそもなぜ「にゃー!」という芸で有名な猫ひろしさんがマラソンしているのか・・・・

それはともかく、猫ひろしさんがオリンピックで得たお話しを語っておりましたので紹介します。
猫ひろしさんがマラソンに取り組んでいる件についてはこちらもどうぞ
猫ひろし またまたカンボジア国籍に?



五輪マラソン出走後、日本でのイベントに初出演した猫。 囲み取材では五輪の話が中心となり、レースについては 「いろんな人から『スタートだけでも飛び出せ』とか言われたですけど、 ペースがグチャグチャになるのでやるつもりはなかった」と言いつつも、 「スタート地点に立つと、ちょっとずつその気持ちが出てきた」と告白。 「最初くらい大丈夫かなと思ってガーッと行ったつもりなんですけど、 皆さんのトップスピードが違って、そのときに『あっ、オリンピックだ』って実感しました」 と明かして報道陣を沸かせた。  また、足に水膨れができるなど「練習だったら歩いているなというくらいきつかった」と レース中の様子を回顧。「カンボジアの仲間の選手も見ているから、絶対に歩かないようにしていたら、 後ろにいたヨルダンの選手が背中をポンポンと叩いてくれて、 『頑張ろうぜ』みたいなことを言ってくれて、 そこで負けられないと息を吹き返した」 と話し、ビリは回避したかったという猫は「最後にダッシュをしたら、 まさか向こうもそんなに早いと思っていなかったのか、 あとでオンエアを見たら苦笑いをしていましたね」と笑い飛ばした。  さらに、マラソン以外でリオでの思い出を聞かれると「食堂ではいろんな選手と会えるので、 そこで有名な選手を見ると興奮しましたね」と話し、「ボルト選手が目の前にいて、 サービス精神がおう盛な方で(写真を)撮ってくれたんですけど、 ボルト選手は僕より9歳年下なんですけど、緊張してブレブレでしたね」と苦笑いを浮かべた。
(Yahooニュースより引用)


猫ひろしさんにとってリオオリンピックはとても楽しい経験だったんですね。
私のような一般人には想像しがたいです・・・笑


猫ひろしさんが本格的にマラソンをし始めてから、
テレビで見る姿が少なくなり寂しいですが今後もがんばっていただきたいです。






Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

今流行りのトレンド、芸能のなかから私が無作為に紹介していくブログです!タイピング 文章のまとめる能力を付けるため趣味としてやっていきます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。